東京及び東京近郊で相続や贈与、相続の手続きなら東京の相続サポートサイト.infoをご利用ください。

東京の相続サポートサイト.info

相続や相続税、贈与について考えている方、東京及び東京近郊の税理士や会計事務所が、サポート支援いたします。

こちらのホームページは、相続や贈与、相続税について考えている方、相続についていろいろと検討している方、また、東京及び東京近郊で税理士や会計事務所を探している方々向けに作成し、公開している情報サイトです。

東京及び東京近郊で、相続について

相続とは、人の死亡によって、被相続人(亡くなられた方)の財産上の法律関係(権利義務)をすべてひっくるめて、相続人に承継することで、相続開始時(死亡時)に被相続人に帰属していた権利義務すべてが包括的に相続の対象となり、これはマイナス財産、債務も当然に引き継がれることになるので、注意が必要です。

つまり、相続の対象である相続財産には、プラスの財産もマイナスの財産も、すべて含まれるということなのです。

よく聞く話ですが、
「親にはほとんど財産は無いので相続とは無縁」
「親の財産はお家だけだから」
「現金や預金はほとんどないと聞いていたから」
「兄妹は仲がいいので、もめる事はないと思う」
「相続なんて、資産家の話なので、関係ないと考えている」

と考えている方が多いと思いますが、

しかし、一般に知られていませんが、相続はマイナス財産(負の遺産)も対象になるため、

具体的な相続税のあらまし
相続税は、個人が被相続人(亡くなられた人のことをいいます。)の財産を相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって取得した場合に、その取得した財産の価額を基に課される税金です。
相続と遺贈
相続は原則として、死亡によって開始し、そして、相続人は相続開始の時から、被相続人(亡くなられた方)の財産に関する一切の権利義務を承継することになり、但し、扶養を請求する権利や文化功労者年金を受ける権利など、被相続人の一身に専属していたものは、承継されません。 遺贈とは被相続人(亡くなられた方)の遺言によって、その財産を移転することをいい、注意したいのは、贈与をした人が亡くなることによって効力を生じる贈与(これを死因贈与といい)については、相続税法上、遺贈として取り扱われます。

詳しくは、相続についてのページでご確認下さい。
詳しくは、東京の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

東京及び東京近郊で、相続人の調査について

悲しいお話ですが、法定相続人は人が亡くなった時、残された財産の分け方でトラブルにならないように、相続人になれる人、その相続人の順位などが法律で決められており、相続人になれるのは原則として、身内に限られて、まず、配偶者はいかなる場合でも相続人となり、

配偶者以外の相続人の順位は、

  1. 第1順位 被相続人(亡くなられた方)の直系卑属(子供や孫)
  2. 第2順位 被相続人(亡くなられた方)の直系尊属(父母や祖父母)
  3. 第3順位 被相続人(亡くなられた方)の兄弟姉妹

但し、孫は子供が亡くなっている場合で、祖父母は父母が亡くなっている場合に相続でき、ここで忘れてはいけないのは、(1)~(3)のうち相続順位の高い人がいた場合、相続順位の低い人は、相続遺産をまったく貰えないと言うことです。

もし、あなたが相続人になった場合、相続人が行う手続きは、被相続人(亡くなられた方)とその相続人全員の戸籍謄本を取り寄せて、相続人の調査を行い、相続人を確定し、その相続人で被相続人(亡くなられた方)の遺産分割の話し合いを行い、亡くなった方名義の遺産を相続人名義に変える手続きです。

被相続人(亡くなられた方)の遺言書がない場合、各相続人が遺産を現実に取得するためには、相続人全員が参加した上で、遺産分割協議を成立させる必要があり、例えば、相続人の一部の人が参加していない状態で遺産分割協議を成立させたとしても、当該遺産分割協議が、無効ということになり、再度、一から遺産分割手続をやり直さなければならないことになってしまうので、注意が必要です。

詳しくは、相続人の調査についてのページでご確認下さい。
詳しくは、東京の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

東京及び東京近郊で、相続税

相続税は、国税庁のホームページから引用すると、相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額で、これは、債務などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算したものが、基礎控除額を超える場合において、その超える部分(課税遺産総額)に対して、課税されるのが相続税です。

この場合、相続税の申告及び納税が必要となり、その期限は、被相続人(亡くなられた方)の死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内に行わなければなりません。

つまり、相続税は、残念ながら人が亡くなった時に、その財産を受け継いだ人が、支払う税金で、取得した相続財産の価額によって税金が決まる仕組みです。

相続税について、どのような税になっているか確認すると、
税金の種類には『国税』と『地方税』があり、

国税に分類されるのが、
所得税  法人税  相続税  贈与税  消費税
酒税  関税  石油ガス税  登録免許税 印紙税

地方税に分類されるのが、
都道府県民税  事業税  固定資産税  自動車税
たばこ税  地方消費税  ゴルフ利用税  不動産取得税

相続税の基本的な考え方
大金持ちに富の集中を少しでも抑制して、世の中に再配分をする
相続税をかけなければ、大金持ちの子供は生まれながらに大金持ちで、貧乏な家に生まれた子供は、貧乏な家庭環境。これでは世の中が、不公平になるため、相続で財産を受け継いだ人は、その一部を税金で納めることで、社会に還元することとしたのです。

詳しくは、相続税のページでご確認下さい。
詳しくは、東京の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

東京及び東京近郊で、相続税の申告

相続の開始は、被相続人(亡くなられた方)の死亡からで、それからさまざまな手続きがあり、また、それらには期限があるので、悲しい現実になっている状況ですが、被相続人のためにも、頑張って手続きを行いましょう。

被相続人の死亡届を7日以内に市町村役場に提出、これはお葬儀の関係者から葬儀の時にサポートされる場合が多く、この届け出がないとお葬儀の火葬や埋葬の許可がとれません。

被相続人の初七日や四十九日の法要は、社会的儀礼ですが、死亡届などの法的なさまざまな相続手続きがありますので注意して進めましょう。

まず、最初に、どのような人が相続税の申告をする必要があるのか確認すると
被相続人(亡くなられた方)から相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した各人の課税価格の合計額が、遺産に係る基礎控除額を超える場合、その財産を取得した相続人は、相続税の申告をする必要があります。

つまり、相続の課税価格の合計額が、遺産に係る基礎控除額以下である場合の相続人は、相続税の申告をする必要は、基本的にありませんが、特例事項もあるので、詳しくは、東京及び東京近郊の税理士会計事務所に確認することお薦めいたします。

相続人については、民法で範囲と順位について次のとおり定めており、但し、相続を放棄した人や相続権を失った人は初めから相続人でなかったものとされます。

具体的には、

◆被相続人の配偶者は、常に相続人となりますが、配偶者とは、婚姻の届出をした夫又は妻をいい、内縁関係にある人は基本的に含まれません。

◆次の人は、次の順序で配偶者とともに相続人となります。

  • 被相続人の子(子が被相続人の相続開始以前に死亡しているときや相続権を失っているときは、孫(直系卑属)が相続人)
  • 被相続人に子や孫(直系卑属)がいないときは、被相続人の父母(父母が被相続人の相続開始以前に死亡しているときや相続権を失っているときは、祖父母(直系尊属)が相続人)
  • 被相続人に子や孫(直系卑属)も父母や祖父母(直系尊属)もいないときは、被相続人の兄弟姉妹(兄弟姉妹が被相続人の相続開始以前に死亡しているときや相続権を失っているときは、おい、めい(兄弟姉妹の子)が相続人)
法定相続人の数

上記算式における「法定相続人の数」は、相続の放棄をした人があっても、その放棄がないとした場合の相続人の数をいいますが、被相続人(亡くなられた方)に養子がある場合には、「法定相続人の数」に含める養子の数については、次のそれぞれに掲げる人数までとなります。

  • 被相続人に実子がある場合 1人
  • 被相続人に実子がない場合 2人
「遺産相続に係る基礎控除額」は、以下のように試算
5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)の算式で計算します。

詳しくは、相続税の申告のページでご確認下さい。
詳しくは、東京の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

サイト更新情報

2014.02.10
東京の相続サポートサイト.infoを運営している、セカンドエイト(株)は、2月1日(土)に会社を移転しましたのでお知らせ致します。移転先の住所は、運営会社のページでご覧ください。
2013.10.11
ホームページを公開しました。
東京の地名由来や基本情報、名物・名産・観光など

【東京の相続サポートサイト.info】サイトは、東京の名前の由来や歴史、東京都の基本情報も紹介しています。
以前からから知っていた内容、知っていたつもりが間違っていた情報など、この機会に【東京の相続サポートサイト.info】でご確認下さい。

東京と呼ばれる、地名の由来
東京都は、日本の都道府県の一つで、事実上の日本の首都機能が
置かれている都市です。東京を中心とする首都圏は、世界で最も人口が多い
都市圏とされ、経済規模ではニューヨーク大都市圏を凌ぎ世界最大とされています。
東京という地名の由来は、1868年9月に出された『江戸ヲ称シテ東京ト為スノ詔書』により、江戸の町奉行支配地域を管轄する東京府が設置されたことに始まります。
東京の意味合は、「京」という文字が、首都を意味することから「東の都」とする見方や、
西の京都に対して「東の京都」だとする見方もあります。
しかし、東京都という名称は1943年に東京府と東京市の合併によって
新たに出来たものであり、東の京都という意味合いはなく、
上記のように解釈できるのは単なる偶然と言われています。
東京の基本情報・人口
2012年7月現在、約1320万人となっており、東京の人口は、日本の都道府県の中では
最も多い都市です。面積は2,187.58平方キロで、人口密度は大阪府と同程度とされています。
名物・名産・観光

東京の名物・名産
もんじゃ焼き、東京ばな奈、ひよこ、人形焼き、雷おこし、
洋食(オムライス、カレー、ハヤシライス)、カツサンド、柳川鍋、佃煮など

東京の観光
東京スカイツリー、東京タワー、渋谷ヒカリエ、としまえん、よみうりランド、上野動物園、東京ミッドタウン、表参道ヒルズ、東京都庁、東京国立近代美術館、大江戸温泉物語、東京ドーム、東京ドームシティ

ページの先頭へ

東京及び東京近郊で相続や贈与、相続の手続きなら東京の相続サポートサイト.infoをご利用ください。